?#26085;iみ&深読み 経済?#21435;欹螗喪Ε━氓?/a>

                  「半値戻し」の日本株に一段の上値余地は見出せるか? 経済アナリス?#21462;?#30000;嶋智太郎

                  記事保存

                  日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタ?#33437;欹氓趣扦玀?#35239;いただけます。

                   本連載の前回更新分で、筆者は「1ドル=110円台定着で日経平均は2万1000円台乗せ」と想定し、いずれ日本株の「割安感」や「出遅れ度」といった部分が注目される場面も訪れると見込んだ。

                   実際、対円でのドルは2月8日まで1ドル=110円台にしっかりと乗せることができずにいたが、11日以降は110円台に定着する動きとなり、そこからは一段の上値を追う展開が続いて、3月1日以降はいく度か112円台に乗せる動きとなっている。

                   たとえ2円程度とは言え、相場が円安方向に向かった場合の日本株に及ぼす影響は決して小さくはない。日銀が昨年12月に発表した全国企業短期経済観測調査(短観)によれ?#23567;?#22823;企業製造業の想定為替レートは1ドル=109円41銭であり、今年1月末までは実勢レートが同水準をなかなか超えられずにいた。それが、2月以降に112円台をうかがう動きとなったことで、そのぶん市場が想定する企業業?#20870;?#36890;しも上ぶれしてきている。

                   その結果、日経平均株価は引き続き「上昇チャネル」内での価格推移となっており、2月半ば以降は2万1000円台での展開が継続している。3月4日には一時2万1860円まで値を上げる場面があり、その時点で?#33180;い?#26152;年10月高値から12月安値までの下げに対する「半値戻し(2万1698円)」を達成。昔から市場には「半値戻し?#20808;?#20516;戻し」などという格言もあり、いきおい昨年10月高値=2万4448円あたりまで値を戻すことに期待するムードも盛り上がりそうなところではあるが、果たして本当にそこまでの展開に期待していいものだろうか。

                   仮に、そこまでの値上がりが日経平均株価に見られなかったとしても、個別に注目できる分野やテーマは少なからずある?#20154;激銫欷搿¥餞韋ⅳ郡轆韋趣長恧?#21547;めて、今回も当面の相場の行方、見逃せないポイントなどに?#33180;い?#26908;証し、簡単にまとめておきたい。

                  閲覧履歴

                    クリッピングした記事

                    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。
                    北京11选五 爱彩乐